ウコン鬱金宇金郁金玉金)は、ショウガ科ウコン属多年草学名 Curcuma longa [ syn. C. domestica ]英語ターメリック (turmeric) インドが原産であり、紀元前からインドで栽培されており、伝統医学アーユルヴェーダインド料理に使われ、「鬱金」の原義は「鮮やかな黄色」。呉音「ウッコン」が転訛しウコンとなった[1]。ただし日本のカレー粉に使われるのは、苦みが無くオレンジ色のいわゆる秋ウコン(ターメリック)のほうである。市販で流通しているのは紫ウコン: ガジュツ春ウコン: キョウオウウコン:秋ウコン

クルクミン:純クルクミン素の色はレットオレンジ,クルクミン素成分が多く含まるほど色が赤くなる。

 

紫ウコンCuruma Zedoarria Roscoeクルクミン微量 精油成分8.0薬名ガジュツ(莪朮)とは包葉の色や根茎の切り口が紫色である、春にムラサキ色の花が咲く、強い苦味を持つ。

効用:胃強化、殺菌、抗炎症。

 

春ウコンCuruma Aromatica Slisb クルクミン0.3%精油成分6.0%薬名キョウオウとは包葉の色や根茎の切り口が紫色で、春に回りピンク色中白い花が咲く、苦味を持つ

効用:胃、肝臓、肺機能強化

 

秋ウコン Curcuma Longa L クルクミン3.6 %精油成分0.8%包葉の色や根茎の切り口オレンジ色で、秋に白い花が咲く、苦味を持つ

効用:胃、肝機能強化、美肌、抗酸化、アルツハイマー病の予防。

 

束骨秋ウコンクルクミン4.3 %以上 精油成份微量包葉の色や根茎の切り口オレンジレット色で、秋に白い花が咲く、芳香、ほろ苦い。

効用:クルクミンはウコン金より高い;胃、肝機能強化、美肌、抗酸化、アルツハイマー病の予防。

上一個 回列表 下一個